午後は、お茶してさ・・・。

2007.12.19 Wednesday

昨日は宮越珈琲に行ってきました。

宮越珈琲はどこで飲んでも
外れなく珈琲はおいしいケド
テーブルにおいてあるシュガーにふたをしてないのが
気になるんだよな・・・
まぁ砂糖を使わない私にとっては関係ないけど楽しい
今まで通った店全部だから店のキマリなんでしょうね。

今日の行った宮越珈琲は
初めて行った店でした。

いつも行く店内と違って
音響にものすごくこだわりがあり
クラシック・ジャズ等を少し大きめのオトで
次々にかけてくれるのです。
七十代前後のマスタァで一人でやってるみたいで
全然宮越とは思えないほどの空間でした。
砂糖は相変わらず蓋はなかったですけど・・・笑

カウンターに座りましたが
真正面の窓から見える白樺の木々がまたなんとも
言えない空間を引き立ててくれております。拍手拍手

思った以上に空間がよかったので
お友達と行ったのですが
ゆっくりと深々とお話ができて
楽しい午後を過ごせました。
珈琲計3杯は飲んだかな〜笑
気づけば窓から覗く空はもう珈琲色でした月

暗くなる夕暮れっていいですね
ポツポツと灯りが灯されて行く様子には
なんとなく泪がでてきます笑

わたしにとって喫茶店とは
カフェとはなんだろうと考えたりする事は
ほとんどありませんが、
感じることがあるんです。。。

喫茶店だからと言って珈琲だけではなく
もちろん紅茶・中国茶・ジュース・店によってはお酒なんかも
おいてあります。
今日行った宮越もけっこうな多数のシングルモルトも
おいてありました。
車でなければ昼間から飲みたい雰囲気にもっていかれました。

喫茶店・カフェとは
お酒飲む人も飲まない人も共存出来る
場とでもいいましょうか。
私にとっては学校の屋上みたな感じかな。
学校という機能的な場所として、
廊下は歩く場所だし、教室は学ぶ場所だし、どこにいっても
何かする場所とされちゃうけど、
屋上って何をする場所と決められていない。
唯一自分で楽しみを見つけられ、自分のための楽しみが
出来る場所じゃないかなと思います。
私にとって喫茶店・カフェもそんな感じかなイヒヒ

 人それぞれによっては、異なると思います。
その人によってはウイング・ベイ小樽が屋上だったり
コンビニの前が屋上だったりと思いますが、
私にとっては喫茶店・カフェが
唯一何にも縛られない無になれる楽なトキかな。
本も読めるし、勉強もできるし、ボーっと出来るし、
友達と行ってゆっくりお話しできるし、知り合いがくれば
意見交換できるし、etc…

これからも
『刺激』と『くつろぎ』が共存する
空間を味わいに喫茶店・カフェ巡りに行きたいと
思う今日この頃でした。


ちなみに今日行った宮越珈琲は
ちざきバラ園に向かう坂の始まりのお店でした。はい。